スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

肺炎と闘うファイティン⑭

※この日記は、通院にかかる費用など全て明記することによって、実際に病気になった際の費用などについて詳らかにするとともに、これから飼育を考えている人がそれなりの覚悟をもって飼育を始めることを願うものである。



【3月17日】
この日、同居人Kが1つ年を取った。
近頃はブームも下火かもしれないが、彼も"チョイ悪オヤジ"の年齢に差し掛かっている。ここ10年くらいはその年齢だが、ちっとも悪くはならないようだ。
むしろ、ブログでも紹介したように、変な髪型にされたりホモと間違えられたりと、 "運悪オヤジ"としての地位を不動のものにした感がある。

このブログを読んでくださっている希有な方々は、そんな彼に「おめでとう」の気持ちをひねり出してやってほしいと思う。
それにしても、コブ取りじいさん」はコブが減ったのに、「年取りじいさん」は年が増えるのはなぜだろうか。はなはだ疑問である。



で、本題。
この日もU病院へ。
ファイティンは朝に大きなウンチを4つほどし、病院でも注射のときにしたらしい。
今日の担当は院長だったが、ここの病院は非常に親切で24時間体制だし親身になってくれるせいか、疲労感が顔に出ていた。
院長にも注射が必要かもしれない。

《再診料+注射代》 3675
《体重》 135グラム


ファイティンは注射をすると口から泡を吐き出したりして、とても苦しそうだ。
泡を拭き取ってあげてしばらくすると寝るが、ここまでが見ていられない。
人間においてもそうだが、病院に行くことで病人になってるような感じも見受けられる
しかし素人考えで治療を中断するわけでにもいかないので、とりあえず根性根性と言い聞かせる。


ここでファイティンの奇才エピソードを紹介する。
彼は爬虫類には難しいとされているトイレのしつけが出来るリクガメである。
いや、正確に言うならば、買ったときから何故か床材を汚さないようにマットに出て来て排泄する習慣があるのだ。
このところ病気でマットまで移動することもままならなかったが、昨日夜中に見回りをしたところ、わざわざマットに出て来てウンチをしているファイティンを発見したのである。
発見したときはうぉっと声をあげてしまった。
感動。
マゼランやコロンブス、ヴァスコダガマになった気分だ。彼らと新大陸発見の喜びを語り合いたい。
どうやら、順調に回復してくれているらしい。
私は飼育の航路を見いだしつつあった。←三流作家がやりそうなまとめw






↓下は全然ご飯を口にしないちょんまる先生。ファイティンのことが心配で、物陰からじっと見つめている。巨人の星がリクガメで実写化されるならば、星飛雄馬のお姉ちゃん役はちょんまるで決まりだ。
のぞき見ちょんちょん
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます

こんばんは~。
同居人K様、お誕生日おめでとうございます♪
年齢を重ねると良い事ありますよね~。
若さにはかなわない事たくさんありますが、精神的に余裕が出てきておおらかになれますよね~♪
若い頃イラッってしてた事が、あ~そういう考えもあるのね~って不必要なストレスがかからないですよね~☆

うちのチョコも注射すると泡を吹いてました。見てるのツライですよね…。よくわかります。
ホシガメは本当に弱いので、先生にもう来なくて大丈夫ですよって言われるまで通うのがベストですよね。
がんばれ!!ファイティンちゃん♪

ちょんまるちゃんも心配ですね…。
チチュウカイと言えど、まだちょんまるちゃんも子ガメちゃんですものね…。
暖かくなれば食欲出てくるのかな~?
早く暖かくなって欲しいですね。

通われてる病院の先生、大変ですね。
私の通ってる動物病院の院長先生も休みなしで診て下さってるので、たまにすごく疲れてるお顔の時があります。
「大丈夫ですか?」って聞いても、「大丈夫♪大丈夫♪昨日飲みすぎちゃったんですよ~」って、絶対言い訳をしないんですよね。
本当に頭が下がります。
お互い、先生を信じて治療がんばりましょうね☆

Re: おめでとうございます

>カメカメリクガメさま


ありがとうございます、これで同居人Kも浮かばれますww

注射での拒絶反応はなかなかなくなりませんねぇ…。
リクガメは特にデリケートなので、精神的な打撃を最小限に抑えたいのですが、その一方で早く完治させてあげたい気持ちもあり…という状況です。
近頃は薬を出してくると手で払いのけようとするので、本当にイヤなんだなぁと思いました。

獣医は激務でしょうね、特に一生懸命志を持っている獣医ほど。
まぁ仕事というものは真面目にやろうとすれば満点はありませんから、自分に厳しくならざるを得ませんよね。
ザキマツ先生ってこんな人

ザキマツ先生

Author:ザキマツ先生
もと中学受験専門塾講師。プロ家庭教師。
「雑談の魔術師」、「無駄話の神様」と呼ばれながらも、7年間で多くの生徒をそれなりの学校へねじ込む。
4月からの出版社勤務を控え、現在はN(塾名)からN(ニート)へと大きく転身。

ところで当ブログのテーマである「リクガメ」への熱はもはや異常で、小学校時代から続く。
しかし未熟ゆえにその魅力を伝えきる術を持たず、両親の決断は「飼育の訴えは棄却する」という冷酷なものだった。
まるで嫌われるタイプの裁判官w

そして、経済的にも余裕が出てそれなりの発言権を得た2011年の6月、リクガメ作戦決行。本日雨天なれどカメ多し。合言葉は「カメカメカメ」。

世の喧噪を忘れさせてくれるリクガメ2匹とともに、生来の奔放さに磨きをかけた生活を送る。

【twitterアカウント】
→@hajimesuguru
特にやましい事情がない限り、フォローしてください。お願いしますw

リクガメな日々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
公開ブログ模試順位発表
日頃のアクセスの成果は出ていますか?
[ジャンルランキング]
ペット
13877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
351位
アクセスランキングを見る>>
現在のあなたの偏差値
今回の偏差値は
ザキマツ先生に一言!!!!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
お友達になってくださった酔狂な人々のブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。