スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

肺炎と闘うファイティン⑩

※この日記は、通院にかかる費用など全て明記することによって、実際に病気になった際の費用などについて詳らかにするとともに、これから飼育を考えている人がそれなりの覚悟をもって飼育を始めることを願うものである。



【3月4日】
通院お休み
早速、ニンジン作戦開始
まずファイティンが起きる頃を見計らって、その1時間前に野菜を用意
レタス、(こだわりの)小松菜、ニンジン、モロヘイヤという選りすぐりのベジタブルエリートたちだ。
次に、ファイティンが起きてきたらガラス越しに来させて、わざと逃げさせる。こうすることで、運動をして少しでもお腹を空かせることが可能になる(はず)。
それからエサやりに入る。まだ自分から食べないので、口が開いたときに入れてやる
このとき、重要なのは投入する順番である。これが運命を左右すると言っても過言ではない。
最初は水気の多いレタス(無い場合はリンゴのスライスでも良い)、そして小松菜モロヘイヤの順番だ。もちろん、小松菜とモロヘイヤはニンジンに巻き付いており、ちょうど柏餅みたいな状態になっている。
目的はニンジンを食べさせることなので、小松菜、モロヘイヤは疲弊したら捨て、新しいもので巻いていく。
最後は口がさっぱりするようにレタスを投入しておしまい

…と、ここまでは机上の空論も上手くいき、完璧だった。
が、次に僕はとんでもないミスを犯した。
同居人Nがファイティンを固定し、僕がスポイトで口に薬を注入するのだが、手元が狂って同居人Nに薬を発射してしまったのだ。
ファイティン 「クギャーッ
同居人N   「どこに目つけてんだクギャーッ!!!!
二回目で何とか入れたものの、政治家だったら辞任、教員だったら懲戒免職、武士だったら切腹を余儀なくされるほどのミスである。
なんてことをしてしまったのだろうか、薬に申し訳ない



【3月5日】
いま、猛烈に怒っている
断じて言うが、僕は気が長いことで有名だ。
英語の比較級を表す例文に「ナイル川とザキマツの気では、どちらが長いですか?」という定番パターンができないのがおかしいくらいに、気が長い。
しかしそれでも今回ばかりは、許せないことが起きたのである。

僕はファイティンを病院に送迎するとき、保温と保湿の関係から必ずタクシーで移動するようにしている。
このとき、ただぼさっとタクシーに乗っているのではなく、「温度の変化はどうか?」「湿度の落ち方はどうか?」「底面のホカロンは機能しているか?」「温度・湿度ともにばらつきはないか?」「内側のタオルケットは心地よさそうか?」「口からの分泌物の量はどうか?」ということを全てチェックしている。
従って、道順の指示を出したあとはあまり外の風景をみることはない

今日もおおよそのことを確認し終わったあと、ふと顔をあげてみると、全く知らない景色になっているのである。
一瞬、あっけにとられる。
「これは…」思わず、口をついででた。

すると運転手はすまなそうに「私、道にあまり詳しくないもんで…どうやら私の友人の自宅付近のようなんですが…。」などとのたまった。

道に詳しくない…だと?
ちょうど原発事故のときに菅直人氏が「原子力には詳しい」と言っておきながら「臨界とは何か」という初歩的な質問をして顰蹙と注目を浴びたが、それを彷彿とさせつ運転手の発言。

詳しくないなら何であんた運転手になったの!!という憤りに身を任せて怒鳴りつけようかとも思ったが、ファイティンの状態がまず優先だ。早く病院に運ぶ必要がある。
「とにかくカーナビで探して至急軌道修正してください。」とだけ告げた。このときの僕は家政婦のミタなど比較にならないほどに無表情でぶっきらぼうだったはずだ。
運転手は「料金はサービスさせて頂きます」などと言っていたが、こちらから言わせれば「そういう問題じゃねぇんだよ」である。

このことがあまりに大きすぎて、診察のことはよく覚えていないが、体重が126グラムにもどっていたので一安心した。
状態も悪くないようだ。朝ご飯もしっかり食べたし。

ちなみに写真は、ファイティンの住処である。
「根性タオル」は同居人Nが作成。
実は同居人Nは子育てのプロであると同時に、刺繍のプロでもある。ファイティンのために特別にこしらえた。
ファイティンのケージ

そのお返しのつもりなのだろう、ファイティンは今日こんなものをこしらえた。(4㎝もある!!)
ファイうんち


《再診料+注射代》  3675
《体重》  126グラム
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

まあまあ

こんばんは~。
ホント。ザキマツさんの文章は面白いですね~♪
さすがです!!
いつも楽しませて頂いてます♪

ファイティンちゃん、体重戻って良かったですね~♪
一安心ですね♪

タクシーの運転手さん。まだ新人さんだったのかもです☆
多めにみてあげましょう~(笑)
誰にでもミスはあるものです♪

No title

兄がロシアリクガメ飼っているのですが
そのカメが超偏食家で全然食べないので
兄はザキマツ先生のように
野菜を巻いて口元にもっていって
どうにか食べさせてます。

タクシーの話には驚きました!
なぜ自分の友人の自宅付近に…?
つっこみどころありすぎな運転手さんですね。
ファイティンくんに影響が無くてよかったですが^^;

Re: まあまあ

お褒めの言葉、ありがとうございます~とても嬉しいです!!
体重が戻ったので、精神的にも安定しましたw

うーん、しかし日頃お世話になっている方からそのように言われると、私も許すしかなくなってしまいますねw

Re: No title

>nanokawaさま


お兄様はそのように改善されているのですね!!
しかしちょんまるの場合は、絶対に口を開けないと思いますがw

タクシーは本当に謎でした。
後半は、明らかに友人の家を探して運転してましたからねw
ザキマツ先生ってこんな人

ザキマツ先生

Author:ザキマツ先生
もと中学受験専門塾講師。プロ家庭教師。
「雑談の魔術師」、「無駄話の神様」と呼ばれながらも、7年間で多くの生徒をそれなりの学校へねじ込む。
4月からの出版社勤務を控え、現在はN(塾名)からN(ニート)へと大きく転身。

ところで当ブログのテーマである「リクガメ」への熱はもはや異常で、小学校時代から続く。
しかし未熟ゆえにその魅力を伝えきる術を持たず、両親の決断は「飼育の訴えは棄却する」という冷酷なものだった。
まるで嫌われるタイプの裁判官w

そして、経済的にも余裕が出てそれなりの発言権を得た2011年の6月、リクガメ作戦決行。本日雨天なれどカメ多し。合言葉は「カメカメカメ」。

世の喧噪を忘れさせてくれるリクガメ2匹とともに、生来の奔放さに磨きをかけた生活を送る。

【twitterアカウント】
→@hajimesuguru
特にやましい事情がない限り、フォローしてください。お願いしますw

リクガメな日々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
公開ブログ模試順位発表
日頃のアクセスの成果は出ていますか?
[ジャンルランキング]
ペット
13877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
351位
アクセスランキングを見る>>
現在のあなたの偏差値
今回の偏差値は
ザキマツ先生に一言!!!!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
お友達になってくださった酔狂な人々のブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。