スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ちょんまる先生のお色気シーン《18禁》

唐突だが、私は女性の風呂を覗くという行いをしたことがない
これを言うとかなり意外だとか、キャラを守れと非難を受けるので今まで黙っていたが、ないのである。
それはひとえに、リスクを冒してでも覗く価値のある女性に出会わなかったことと、私が聖人君主(性人ではない)であることによるものだが、今後もその傾向は続くことが予想される。
従って、私は頼まれても女性の風呂を覗くようなことはしないだろう。








人間の風呂に限っては。










というわけで、今日はちょんまる先生♀の入浴に潜入取材!!
あまりに露出度の高いショットが多いため、ブログを管理している会社から削除されないか心配である。

以下は入浴の準備↓↓
温浴準備1
2つの洗面器を用意しているのは、水位の高低を違えるためである。水がいっぱい入っている方は温浴+飲み水、少ない方はお腹を主に温める目的がある。(白が多く、黒が少ない)

で、熱湯を注いで温度を適温にする。
湯加減は、この道50年のベテラン・同居人Nに委ねられる。
温浴準備2


で、とうとう温浴開始。
ちょんまる温浴1
ちょんまる先生は喉が渇いていたのか、首を伸ばして水を飲む。目もパッチリ開いて、このまま潜水でもしそうな勢いではないか!!
このあと、おしっこと尿酸をだした。

ちょんまる温浴(浅い)
次は浅い方。ここではお腹をじっくりと温める。
ちょんまる先生にとっては岩盤浴みたいな感じだろうか。


ちょんまる湯あがり
タオルケットでちょんまる先生の身体をよく拭く。
特に、ちょんまる先生の床在はココナッツチップを使用しているので、すこしでも水滴があった場合にはちょんまる先生が揚げる前のエビフライみたいになってしまう。


そして、ケージの中へ帰し、だが帰すと同時にホットスポットランプを点灯。
ちょんまる先生が現れると、ケージ内のランプが一斉につくので、気分はマイケルジャクソン間違いナシだ。


ある程度温まったあとで、ニンジンを差し出す。
ここでも、ニンジンをあげるときの流儀が存在するのを皆さんはご存じだろうか。
特にちょんまる先生のように性格が気むずかしく、いつも鼻の穴から湯気が出ているようなリクガメに対して、エサを食べさせようというのは至難の業である。

実はリクガメは上からの動きを察知する能力に優れていると言われる。
理由は、自然界において鳥などの天敵がすべて上から攻撃を仕掛けてくるためだと説明されている。
つまり、前方30度の場所から徐々に高度を下げて口元まで運んでやれば、エサを認識しやすくなる理屈だ。
ザキマツが思うに、リクガメからしたら「て…敵か?」「待てよ…あれは…ニンジン!!」「驚かせやがって…。ビックリしたらお腹空いちゃったよ。」という具合に、気持ちが変遷していき、結局食べる



この理屈は完璧だこれは間違いない
私は大いに喜んだ。
そして、実戦。















ちょんまるエサ拒否

拒否!!

本当にこちらが心配になるほどに、エサを食べずにケージ内を徘徊して遊んでいる。
ここまで少量のご飯しか食べないのに元気だというのは、およそ私の周りの人間では考えられない。
かろうじて「はだしのゲン」がいるくらいである。
ぐぎぎぎぎぎ…。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

偏食を改善しようの巻き《ちょんまる》

唐突に始まったこのコーナー。
今回のテーマは「偏食を治そう!!」ということで、偏食界の横綱・ちょんまる先生におこしいただきました。
尚、先生はニンジンしか食べないことを公言して以来、ニンジン一筋頑固一徹を貫いていらっしゃいます。

ちょんまる先生、今日はよろしくお願い致します。
(ちょんまる) 「ぷーーーーーっ



…というわけで、偏食改革がはじまった。
小泉総理が掲げた"聖域無き構造改革"ばりに、満を持しての企画だ。

まず、最初に普通に小松菜や青梗菜、モロヘイヤなどをあげてみる。
ひょっとして食べるのではないだろうか、という淡い期待からである。
が、誰の目にも明らかなように、その期待はくしゃくしゃに破り捨てられた。
「しつこいんだよっ」とばかりに、ちょんまるは逃走。やはり言うことを聞かない。


ふふふ、だがここまではホリエモンの言葉を借りて言うなら「想定の範囲内」だ。
(ザキマツは童貞の範囲内だと言った奴、立て!!)
こちらには秘密兵器があった。
それは、すり鉢である!!!!!!

このすり鉢は、通販で同居人Nが購入したもので、「片手でも擦れる」がキャッチコピーの逸材だ。
食べ物を擦るときに片手でなくてはならないシチュエーションが謎だが、とにかくすごい商品らしいのだ。
通販のCMの人が言っていたのだから、間違いない。
CMに出演していた外国人は「ははは、だから余った方の手でもっと凄いことが出来ちゃうぞ~」とか言っていた。もっと凄いことの内容は放送できるのか心配だ。


どのようにしてちょんまるを更生させるかと言うと、まずこのすり鉢でニンジンをすりつぶし、小松菜など葉型の野菜に塗る。
すると、ちょんまるはニンジンは食べたいが、ニンジンを食べるためには絶対に小松菜を口にしなければならないのである。
ちなみに、固形のままニンジンと小松菜を重ねると、伝統工芸士なみの器用さでニンジンだけを食べるので要注意だ。


そして早速、企画が試みられた。
すりニンジン

ちょんまるは、同居人Nの指に手をかけ、じっと何かを考えている

緊張の瞬間…。







計画は失敗に終わった。
企画の発案者ザキマツは責任をとって辞任した。






我々の計画を見破ったちょんまるは、またしても逃げた。(ここは広島刑務所じゃないぞ)




仕方がないので茹でたカボチャをファイティンにあげようかと持っていると、視線を感じる


ちょ…ちょんまるだ!!!


そして、こんな状態↓↓
ちょんカボチャ


ちょんカボチャ2
ちょんまる 「結論、偏食改善という名の強要はやめなさい。自主性に任せて。」





ところで、ザキマツは今日の夜から山形県に行ってきます。
何のことはない、友達に会いに行くためなんですけど…。全然山形に関する知識がありませんw
はっきり言って、日本なのに英語で道聞いてくる外国人並の予習怠慢です

もしも山形について何か知っていることがあれば、教えてくださいm(_ _)m
幽遊白書やハンターハンターなど、数々の名作漫画を描いた冨樫義博先生の故郷であることだけしか知りませんw

尚、この友達は東京生まれ東京育ちで、司法修習のために山形に来ているだけの、顔と頭と性格がいいだけのヤツなので、戦力として数えるのは不安がありますw
じゃ、彼がきちんと勉強しているか、チェックしに行ってきます←何様w
web拍手 by FC2

テレンスちょんちょん

同居人にしか通じない、いわば業界用語がいくつかある。

《テレンス》というのは、その一つだ。

これは、軍事評論家のテレンス・リー氏から拝借したネーミングである。
意味は、「何かに潜って隠れている状態」をさす。

これは、フジテレビで不定期に放送している番組『逃走中』において、出演者のテレンス・リーが最初から脚力による逃亡を放棄して、じっと物陰に隠れるという暴挙に出たことに由来する。
テレビを見ていた我々は、「みんなが同じことやったら番組成り立たなくなるだろうが!!」「視聴者よりも消費カロリー低くてどうするんだ!!」などと毎回思い思いに野次ることにしている。

それ以来、いまテレンスしてるよなどと言うと、床材の上に敷いてある布に潜り込んでしまったことを示すようになった。


ブログを読み進めていただくとわかる通り、ちょんまるは問題児である。
エサはニンジンしか食べない、人間には挨拶をしない、すぐに寝る…など、やりたい放題のリクガメだ。
私たち飼育者側としては、少しでもUVBにあててあげようと言う老婆心でシェルターから引きずり出してやるが、これが気にくわない。(尚、本当の老婆は同居人Nのみだが)

いつもはそばにある緑色の布これが某レストランなどで使用されている優れもので、水分を弾く性能を持つ)に潜り込んで我々人間とUVBをやり過ごそうと試みるのだが、この日はどうも妙だ。
ケージを除くと、こんな風になっている↓↓
おぼんテレンス1


??????????







さらに別の日、今度はバットでテレンスをしないように、エサ皿を上に置いて固定した。
大きな皿ではないが、ちょんまるの体重よりは遙かに重い皿だ。





おぼんテレンス2




・・・・・・・・・・








重いバットなどでのテレンスは死の危険が伴うため、布で満足するならいいやと最近は放置している。
しかしUVBあたらないんじゃ意味がないような…というのが、最近のちょんまる育成の悩みである




ちなみについ昨日は、買い物から帰るとこんな状態だった。
画面右側の温湿度計がなぎ倒され、エサも皿から放り出されている。
もちろん、ケージ内は密室。

犯人は…ザキマツ少年の事件簿が始まった!!!!

さて、犯人はどこにいるでしょうか?視聴者のみなさんも一緒にお考えください
(画像をクリックして拡大すると被害状況がわかりやすいです。)

ちょんまる大暴れ



書いてて思ったのだが、リクガメのブログで、リクガメに関する話題で、写真付きなのに、一枚もまともにリクガメ写ってないってどういうことだよw
これから精進しますm(_ _)m
web拍手 by FC2

気まぐれちょんちょん

ファイティンが病気になってからというもの、毎日エサを食べさせたり薬をやったり注射に連れて行っている。
どうやら、そのせいでだいぶ嫌われたらしい。

こちらからすれば「治ってくれ」という一心だが、ファイティンからすれば「食べろってしつこいし、痛いことするからキライ!!」ということなのだろう。
実際に痛いことをしているのは獣医なはずだが、なぜかザキマツが嫌われてしまった…。




そんな様子を見るに見かねたのか、昨日はちょんまるが久々のご機嫌で登場
ちょんまると言えば、ニンジンしか食べないことで有名だ。
ニンジンを作っている農家もちょんまるには頭が上がらないだろう、何しろニンジンしか口にしない頑固親父なのだ。
一応出してみるものの、他の野菜には見向きもしない。



そんなちょんまるがシェルターから出て来た。
ちょんまる寝起き
『やぁザキマツ、おはよう』

普段ちょんまるは滅多に人の前に姿を見せないが、今回は自分から近づいてきた。
ちょんまるニンジンかじりつき2
『いただき!!』

しばらくニンジンを食べたあと、一服しながら語り出すちょんまる。
ちょんまるニンジンかじりつき2 (1)
『反抗期って言うのかなぁ、今はあいつ(ファイティン)もそれだってだけだよ。そのうちあんたの優しさがわかるときがくるさ。アバヨ』

このあと、小松菜と青梗菜をみせたが、何も無かったように帰って行った…。
web拍手 by FC2

ちょんまるのひなたぼっこ/菅原道真【無駄話】

【無駄話はじまり】

本業は中学受験算数だが、もともと文系なので頼まれれば社会でも国語でも教える、というのを売りにしてきた。
そんな地道な活動が身を結んでか、私はある格式高いお嬢様のご家庭から『歴史の先生』という肩書きで依頼されることになった。

詳しくは記述しないが、誰もが知る都会派かつ知的な学校に通う高校生である。女子高生とも言う。

菅原道真が学問の神様と呼ばれ、しかし不遇な人生を歩んだことは一般に知られていると思うが、驚いたことに彼女は知らなかった。
さすがお嬢様である。
「だって友達じゃないし、菅原と。」というのが理由だ。
無論、僕とて偉そうに教えているが、実は菅原道真としゃべったこともない

「とにかく暗記しなさい」
という、およそ教師とは思えない発言を繰り返した挙げ句、試験の日を迎えた。

返却された答案を見ると、不可解な事実が判明した。
あれだけやった【菅原道真】を間違えているのである
断じて言うが、彼女は馬鹿ではない。むしろ頭の回転は速く、暗記もできる。
僕は困惑した。
そうなると、世間の人々は「それじゃあザキマツの教え方が悪い」と安易に結論づけると思ったからだ。

恐る恐る答案を見た。
だが次の瞬間、戦慄走る!!!!









「菅原道具

すがわらのどうぐ!!!!!!

道具

道真

これまでその類似性が騒がれなかったのが不思議なくらいに、酷似している。もはやマナカナのレベルはとうに超えている。



以上のように、このくらいのお嬢様になると学問の神でさえも道具に過ぎないのである。


                        (無駄話ここまで)


昨日、かなり日差しも出ていたので思い切ってちょんまるにひなたぼっこをさせてみた。
勿論UVBはケージに完備してあるものの、自然の力にはやはり及ばないだろうと思ったからだ。

寒いといけないので、窓越し、床暖、毛布付き、という過保護ぶりである。

しかしちょんまるはいつ見ても不満そうだ
無理もない。
ファイティンが病気になってからというもの、記事はファイティンのことばかり、やっと記事にしたかと思えば【無駄話】との抱き合わせ企画
これでは不満に思わない方がおかしい。
かりにも、我が家の第一子リクガメである。
もっと丁重に扱え!!!!と言っているようにも見える。

…と、いうわけで、写真を撮影してみたが、かなり迷惑そう
ひなたぼっこ

↓ケージに帰ると、風車みたいな寝姿を披露してくれた。この寝姿はリクガメの世界では有名らしい。
ちょんまる風車




きっとちょんまるが人間のようにしゃべれたら、こういうだろう。
「飼い主閣下と少数のブログ読者のため、UVBをもらっといてやる。」
web拍手 by FC2
ザキマツ先生ってこんな人

ザキマツ先生

Author:ザキマツ先生
もと中学受験専門塾講師。プロ家庭教師。
「雑談の魔術師」、「無駄話の神様」と呼ばれながらも、7年間で多くの生徒をそれなりの学校へねじ込む。
4月からの出版社勤務を控え、現在はN(塾名)からN(ニート)へと大きく転身。

ところで当ブログのテーマである「リクガメ」への熱はもはや異常で、小学校時代から続く。
しかし未熟ゆえにその魅力を伝えきる術を持たず、両親の決断は「飼育の訴えは棄却する」という冷酷なものだった。
まるで嫌われるタイプの裁判官w

そして、経済的にも余裕が出てそれなりの発言権を得た2011年の6月、リクガメ作戦決行。本日雨天なれどカメ多し。合言葉は「カメカメカメ」。

世の喧噪を忘れさせてくれるリクガメ2匹とともに、生来の奔放さに磨きをかけた生活を送る。

【twitterアカウント】
→@hajimesuguru
特にやましい事情がない限り、フォローしてください。お願いしますw

リクガメな日々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
公開ブログ模試順位発表
日頃のアクセスの成果は出ていますか?
[ジャンルランキング]
ペット
13877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
351位
アクセスランキングを見る>>
現在のあなたの偏差値
今回の偏差値は
ザキマツ先生に一言!!!!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
お友達になってくださった酔狂な人々のブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。