スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

同居人N ~「育児の神様」と呼ばれた教祖の物語~

数少ないブログの熱心な読者の方から、同居人Nは何者なのか、という問いがあった。もっともな疑問だ。
従って今日は、彼女についての記述をしておこうと思う。


同居人N。簡単に言うと、子育てのプロフェッショナルである。

生活信条は「執拗に追い回し、服従させる」。
ストーカーという言葉が流行する遙か以前から、彼女は自分の求めるものを捕まえ洗脳し、そして従わせてきた
現に、夫、姉妹、兄弟、親戚、勤め先の社長、そして近所の犬までもが、面白いように彼女の軍門に下った。
私の目には、彼らは外出を許された捕虜にしか見えない。
連日報道されているように、お笑い芸人のオセロ・中島知子さんが霊能者に洗脳されているらしいが、同居人Nに比べれば、これも子供だましに過ぎない。
むしろ同居人Nならば、中島さんを洗脳した霊能者を洗脳するくらいは朝飯前だ。
その才能はヒトラーやムッソリーニ、スターリンと言った歴代の独裁者に匹敵する。
私は、いつか同居人Nが出馬でもするんじゃないかと思っているが、今のところ日本の未来は大丈夫そうだ。


そんな同居人Nだが、過干渉にして過保護、奇抜な発想力と強引極まる行動力を武器に、信者たちからは子育ての神様と崇められている。

『育神』の名を欲しいままにし、数々の育児アドバイスによって成功を収めた(ように見せた)。
少し前にJALが経営破綻を起こし、新たな指導者が待ち望まれた時期があったが、あれももう少し経って誰も現れなかった場合は、Nを推薦しようと思っていたところだ。

今回のファイティン救済プロジェクトも、勿論この『育神』の全面協力があっての企画である。
何しろ、同居人Nは救済のために時間と手間を惜しまない
温度、湿度は当然のこととして、床材の具合や寝ている場所の温湿度、保温球の接写距離、エサの食材すべての食べ具合と摂取時間、ケージの外の温湿度変化とその推移予測…これら全てを瞬時にして読み取ることが出来る。

そもそもこれだけ複雑なものを同時に、しかも絶妙な案配にできるのは、同居人N以外では零戦のパイロットくらいだろう。




この記事の終わりに、私が幼少時代に遭遇した同居人Nとの思い出について語ろうと思う。



運動音痴な私が、恐らく誰かに唆されたのだろう、サッカーをして膝をすりむいた
私はマキュロンでも塗れば…と軽く考えていたが、そうはいかなかった
帰宅すると、同居人Nが夫(同居人K)の髪の毛を切っていた。
余談だが、同居人Nは当時現役の美容師だったはずだ。


私がマキュロンを…と言おうとした機先を制して、同居人Nが叫ぶ。
「ほ…骨が見えてるわよ!!!!死んじゃうわよこのままだと!!!!」
骨らしきものはどこにも見あたらなかった。が、混乱した私は、怪我で自分の目までおかしくなったのだと思い、泣きじゃぐった。


間髪入れずNの怒号が響く。
「K、この子を病院まで運びなさい!!」
「…はっ!!」
なぜか軍隊のような返事で飛び上がり、Kは散髪のためのレインコートみたいなのを来たまま車にエンジンをかける。後ろから見ると、てるてる坊主のようだ。
嵐のごとき慌ただしさで車は駐車場を飛び出し、法定速度を守って病院に到着したのだった。
いま十数年経ってようやく、死ぬような怪我なら救急車だろ…と冷静に突っ込むことができるが、あのときは非常事態に乗じたNの気迫に洗脳され、狼狽していた。



病院で受付をすると、どうも様子がおかしい。
みんな患者はKの方だと思っているのだ。
私は不思議に思いKの右側に回り込んでみると、やっと事情が理解できた。
あまりに奇抜なヘアスタイルのまま必死に説明するKはますます不気味がられ、とうとう心理カウンセラーみたいなやつが対応に出て来た


後ろを見ると、同居人Nが笑っている
それを見て、私も笑った



参考資料は以下の通り↓↓
Kのヘアスタイル
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

【ファイティン】

2011年10月23日、チームザキマツに加入。
颯爽と現れ、置いてあった小松菜の茎を「バキッ」と裁断して周囲を沸かせた。
また5.5㎝と小柄ながら卓越した運動神経を持ち、甲羅をひっくり返しても難なく元通りにクルリンパ。
(ブログで後述していくが、ちょんまるはひっくり返ってそのまま寝る、という大事件を2度やらかしている)


↓これがデビュー当時の写真。かなり小さい。体重は85グラムほど。
ファイ


↓趣味は食べること。偏食もなく、においを嗅いでみてとりあえずかじる。『それっぽいものは食う』がモットーのファイティンです。てへぺろ。
ファイ青梗菜1


ファイ小松菜1


ファイ水分補給1


ファイグリンリーフ1





…おい、それ食べ物じゃないだろw
ファイ指かじり




ところで名前の由来はこんな出来事から。
ショップへ行くと「多甲」というくくりで、普通のインドホシガメとは隔離されて売られていた。
どうも普通ではないらしい。

気になった僕が店員さんに聞くと、こんな答えが返ってきた。
「多甲と言って、甲羅が一枚多いんです。だから型落ちと見なされることが多くて、それで定価の半額で売ってるんです。」

な…なんだと~!!
「俺たち人間だって値札が貼られてたら、俺は他人の半額のさらに三割引かもしれねぇじゃねぇか!!!」という謎の負けん気がふつふつと沸いてきて、それで「頑張ろうぜ!!」って意味を込めてファイティンに決定したという。以上、命名秘話でした。

最後はたそがれるファイティン。
今は肺炎治療中だけど、負けない。絶対に。
ファイたそがれ
web拍手 by FC2

【ちょんまる】

2011年6月13日、チームザキマツ所属。
(尚、チームザキマツはザキマツとの同居人を指す言葉である。会費などはない。)

名前の由来は韓国語の「チョンマル」から。「本当?」などと聞くときに使う。尚、大人気ドラマ「チャングムの誓い」においては、数え切れないほどに多用されている。

愛称はちょちょりー、ちょんちょん、など多岐にわたる。
種類はギリシャリクガメ(アラブギリシャリクガメ)であり、つぶらな瞳とハンバーグみたいな模様が特徴。
↓これが家に来たときのちょんまる。甲長7㎝、体重120グラム前後。
ちょん丸



好物はニンジン、いちご、モロヘイヤなど。
好き嫌いの激しい性格で意思表示が明確かなり気難しい。お気に召さないメニューを食べさせようと試みると、「ブー!!!」と鼻息をまき散らし、不快感を露わにする。

また生活サイクルは完全に昼夜逆転しており、23時からは「ちょん様タイム」と呼ばれてケージ内を行脚することが慣例となっている。その運動量は、世のお父さんたちがメタボを気にしている様子をあざ笑うかのようである。だが甲羅がケージにぶつかる音がうるさくて眠れない。

↓好物のニンジンにかじりつくちょんまる。
ちょんまる&ニンジン2


↓じらすと口を開けて抗議。『労働者にパンを!!』
ちょんまる&ニンジン1


↓最後はふて寝。『勃ちあがれ、ニッポン。むにゃむにゃ…』
ちょんまる寝てる



ムードメーカー、問題児と色んな言葉が当てはまるけど、なんだかんだ最古参のリクガメ。
元気で長生きして欲しい!!
web拍手 by FC2
ザキマツ先生ってこんな人

ザキマツ先生

Author:ザキマツ先生
もと中学受験専門塾講師。プロ家庭教師。
「雑談の魔術師」、「無駄話の神様」と呼ばれながらも、7年間で多くの生徒をそれなりの学校へねじ込む。
4月からの出版社勤務を控え、現在はN(塾名)からN(ニート)へと大きく転身。

ところで当ブログのテーマである「リクガメ」への熱はもはや異常で、小学校時代から続く。
しかし未熟ゆえにその魅力を伝えきる術を持たず、両親の決断は「飼育の訴えは棄却する」という冷酷なものだった。
まるで嫌われるタイプの裁判官w

そして、経済的にも余裕が出てそれなりの発言権を得た2011年の6月、リクガメ作戦決行。本日雨天なれどカメ多し。合言葉は「カメカメカメ」。

世の喧噪を忘れさせてくれるリクガメ2匹とともに、生来の奔放さに磨きをかけた生活を送る。

【twitterアカウント】
→@hajimesuguru
特にやましい事情がない限り、フォローしてください。お願いしますw

リクガメな日々
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
公開ブログ模試順位発表
日頃のアクセスの成果は出ていますか?
[ジャンルランキング]
ペット
13877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
351位
アクセスランキングを見る>>
現在のあなたの偏差値
今回の偏差値は
ザキマツ先生に一言!!!!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
お友達になってくださった酔狂な人々のブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。